頬ニキビの原因とケアについて

ここでは頬ニキビの原因とケア方法についてお伝えしていきます。頬は顔の面積の中でも多くの割合を占めている部位です。この部分にニキビが出来てしまうととても目立ちます。女性の心理からしてもあまりニキビを作りたくない部位ですよね。

 

 

頬は他の部位以上に炎症を起こしやすく、赤く腫れ上がったようなニキビが出来やすい部位です。一番いけないのはニキビが出来たまま放置しておくことです。放置しておくとどうなるかと言うと黒ニキビになったり、さらに膿が出て黄ニキビになったりします。

 

 

さらに、放置しておくとニキビ跡になって後々後悔する羽目になります。そうなるとずっと顔にコンプレックスを感じながら生活していくことになるので、あなたの人生に多大な影響を与えてしまうことになります。

 

 

ニキビくらいで人生に大きな影響を与えたくはないですよね。ニキビが出来たらきちんと処置する、それさえ守っていけば大丈夫です。頬に出来たニキビで注意する点についてお伝えしていきますね。この部位にニキビが出来てよくある間違いがヘアスタイルによってニキビを隠そうとする事です。

 

 

でも、これってあまりオススメは出来ません。何故なら髪には空気中のホコリや雑菌が付きやすいからです。ニキビが出来たら出来るだけ清潔に保つ事が基本ですが、髪の毛がニキビに触れるという事は自ら危険区域に行くようなものです。

 

 

ですから、頬にニキビが出来てもヘアスタイルでニキビを隠そうとはしないで下さいね。また頬のニキビに多いのがシャンプーやリンスした際の洗い残し、あるいは整髪料などの化学成分が髪に付着していて、それがアクネ菌を刺激してニキビになってしまうと言う事です。

 

 

毛穴が詰まる原因にもなるので、普段からシャンプーやリンスした際には必ず洗い流すようにしていきましょう。

 

 

◆メイクが原因の場合もある

 

大人ニキビの原因の一つにメイクによる毛穴の汚れというものがあります。確かにメイクは紫外線対策などで必要なのですが、メイクした後はしっかりクレンジングをして洗い流さないと毛穴を詰まらせる原因になります。

 

 

肌質に応じてメイクに使う化粧品、あるいはクレンジングに使うクレンジング剤、その後の洗顔料、化粧水などを吟味する必要があります。

 

 

◆紫外線対策も必要

 

家にいても紫外線を受ける場合があります。カーテンを閉めていても紫外線を通しやすい素材であれば、カーテンを通じて紫外線を浴びている事も考えられます。紫外線は肌にとって良くないことは言うまでもありませんよね。シミやしやの原因にもなるので紫外線対策は完璧に行いたいものです。

 

 

◆ケア方法について

 

頬ニキビのケア方法と言っても特別なものがある訳ではありません。基本は洗顔と保湿です。洗い過ぎない、必要な皮脂まで洗い流さない、そして洗顔した後はしっかりと保湿を行う。

 

 

これの繰り返しです。また前述したようにヘアスタイルで隠さない、メイクで隠さない、メイクをしっかり落とす。これらをしっかり行っていけば、それほどニキビが出来ないと思います。自分の肌質を知った上で肌質に応じた化粧品を使って欲しいと思います。

 

 

最近はアンチエイジングという言葉が良く使われるようになっていますが、本格的にアンチエイジングケアをしていくのは、30代の後半からじゃないかなって個人的には思っています。

 

 

その年代からが本格的なスキンケアの始まりだと思ってもいいと思います。これからの10年、20年先の肌の事を考えてケアをしていって欲しいですね。私の母などは60代になった今でも、40代の女性と比べてもさほど見劣りしません。それも若い頃からの日々の積み重ねのお陰だと本人は言っています。

 

 

確かに30代から毎日スキンケアを行っていましたからね。日焼け対策などもバッチリでしたよ。今も大切なんですが、もっと先も見据えた上で自分の肌に合ったスキンケアを見つけて欲しいと思いますね。