アルコールを飲み過ぎるとニキビが出来やすくなります!!

大人ニキビとアルコール

 

にきびが出来やすい人はアルコールの摂取にも気をつけなければいけません。思春期のにきびが出来る時期にはまだアルコールを摂取するということはないのでそれほど思春期にきびにアルコールを気にするということは必要ありませんが、大人にきびが出来ている人でアルコールの摂取を毎日するという人の場合には、できるだけアルコールの摂取の量を控える必要があります。

 

 

アルコールがにきびにどのような影響を与えるのかというと、アルコールというのは糖分がたくさん含まれていますから、糖分が体の中に入れば皮脂に代わり、皮脂を分泌することにつながります。

 

 

皮脂がたくさん分泌されればにきびが出来やすい体質になりますから、それがにきびの原因になるのです。アルコールが好きでにきびが出来やすい体質であるという人の場合には、できるだけアルコールの量を減らすようにしなければ、皮脂がどんどん分泌されますし、アルコールがはいることで体の中の血液の循環もよくなりますから活発ににきびの炎症が働いてしまいます。

 

 

アルコールを摂取しすぎるとにきび以外にも健康を害する事もあると思いますから、飲み過ぎは十分注意が必要ですし、皮脂が分泌しはじめたと思ったら洗顔をこまめに行いましょう。ただ洗顔の回数は多くても一日に三回までです。

 

 

それ以上の洗顔は返って皮脂を分泌させる事になりますから、十分に注意しましょう。