にきびと海藻類について

ニキビと海藻類

 

にきびと海藻についてですが、海藻といえば体にいい、健康にいいというイメージを持っている人は多いと思いますし、海藻はにきびにもいいのではないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

しかし実際のところ、海藻類というのは、ニキビにはよくない食べものとされています。なぜ海藻がにきびによくないのかというと、海藻の中にはヨードと呼ばれる成分が含まれているのですが、甲状腺ホルモンを作る時に必要なミネラルなのですが、このヨードがにきびを悪化させる恐れがあるとされています。

 

 

ヨードはは、体の中に入ったら皮脂線を通って体の外に出されるのでにきびが出来やすくなるのです。にきびが出来やすい人は、海藻類の食べすぎには注意したいですが、海藻類をそれほど毎日の生活の中でたくさんとり過ぎるという人はあまりいないかもしれませんから、それほど取り過ぎに気をつけなければいけないということもないかもしれません。

 

 

ただ女性の中には、人によっては海藻ダイエットなどを実践している人も中にはいます。そういう女性は一時的であっても、海藻類を多く食する事になるので、ニキビが出来やすくなっているかもしれませんね。

 

 

もし、海藻類を多く食べるダイエットなどをしていて、その最中にニキビが出来るような事があれば、それは海藻類の食べすぎによる事が考えられますから、一旦海藻類を食べることを控えるようにして下さい。