にきびと辛い食べ物について

大人ニキビと辛いもの

 

にきびが出来やすい人というのは辛い食べ物の摂取も控えた方がいいといわれています。何故にきび肌の人が辛い食べ物を避けた方がいいといわれているのかというと、辛い食べ物というのは、刺激が強いので、直接はかかわっていないかもしれませんがにきび体質の人にとっては厳しいものがあるのです。

 

 

にきびのことを考えるのであれば、刺激の強いものを食べるのは避けた方がいいでしょう。辛い食べ物を食べると体が熱くなりますが、血のめぐりがよくなります。血の巡りが良くなると、皮脂が出やすくなりますし、汗も出やすくなります。

 

 

そうなると余分な皮脂や汚れが顔の表面に付く事になります。汚れたら洗顔すればいいという事になりますが、洗顔のし過ぎは返って皮脂を増やす結果になります。肌を守るためには最低限必要な皮脂量があります。

 

 

それを無理に取りすぎると体は必要な皮脂が失われたと感じて皮脂を分泌してしまうのです。そうなると、にきびが出来ている人の場合には悪化することもありますから、十分に注意が必要なのです。

 

 

しかしながら、キムチなどのからい食べ物を食べていても韓国の女性はとてもきれいですが、それにはわけがあります。昔から辛いものを食べる習性があった国の人にとってはそれほど刺激としては受け入れられないかもしれませんが、日本人の食生活の中でキムチというのはかなり辛いので刺激になります。

 

 

それがにきびを悪化させることにもつながりますので、にきびを悪化させたくないと思っている人や、にきびが出来やすい体質の人は、できるだけ辛いものや刺激のあるものを食べるのは避けるようにした方がいいのです。

 

 

お肌そのものもそうですが、日々の食生活の中で出来るだけ刺激の少ない物を食べたり、お肌に刺激を与えないようにすることはとても大切な事です。

 

"