大人ニキビ〜生え際のケア方法について

髪の生え際ニキビ

 

髪の生え際に出来る大人ニキビの原因って何?

 

 

頭皮に出来るニキビって髪の毛で隠れますから、もし出来たとしてもそれほど気にならないかもしれませんが、生え際はそうでもないですよね。いったいどうして髪の生え際にニキビが出来てしまうのか?ここではその事についてお伝えしていきます。

 

 

■過剰な皮脂が原因

 

ずばり答えを言いますが、生え際にニキビが出来る原因は皮脂が多すぎる為です。ホルモンバランスの崩れなどから過剰に分泌された皮脂が毛穴の中に溜まって、そこに汗や老廃物が溜まり雑菌等が繁殖して湿疹やかゆみ、炎症を起こしている状態です。

 

 

もともと頭部は皮脂の分泌が多い部位です。そして髪の毛がある部位なので通気性が悪い、また汗をかきやすいなどの理由から雑菌が発生しやすい部位なんですね。

 

 

そういう理由からアクネ菌が増殖しやすい箇所であると言えます。そのような理由から髪の毛の生え際と言うのはニキビが出来やすいと言えます。また、その他の理由としては

 

 

・洗髪の方法が間違っている
・洗髪した後に洗い残しがあってそこから雑菌が発生する
・頭皮ニキビが広がってきている
・髪の毛が生乾きなのでそこから雑菌が繁殖する

 

 

頭皮はすごくデリケートな場所でもあります。デリケートであるが故に地肌が荒れやすいという性質もあります。ニキビを作らない為にも日々丁寧なケアが必要な部位と言えます。次にニキビを作らない為に正しいシャンプーの方法についてお伝えしていきます。

 

 

■正しい洗髪〜シャンプーの方法について

 

正しいシャンプーの行い方

 

髪の毛を洗う際には通常シャンプーを使います。市販のシャンプーを使うと大抵はシャンプーの中に石油系の合成界面活性剤が入っています。何故市販のシャンプーが石油系界面活性剤を使っているかと言うと製造コストが安く上がり、その上洗浄力が強い為です。

 

 

しかし、その反面頭皮が弱い方には刺激が強く、界面活性剤が入っているシャンプーを使っているせいで地肌が荒れたり、時には湿疹が出来たり、赤みを帯びたり、炎症を起こす場合もあります。

 

 

洗浄力が強すぎて、地肌に必要な皮脂まで洗い流してしまうので、頭皮の乾燥を引き起こしてしまう場合だってあります。また、シャンプーに限らず、リンスやトリートメントを使用した時にすすぎが不十分で、それが原因でニキビが出来てしまう事もあります。これらの成分が毛穴に残ってしまっている為に毛穴が詰まり、アクネ菌の増殖という結果を招いてしまいます。

 

 

これを改善する為には、髪の毛や地肌にシャンプー、リンス、トリートメントなどの成分が残らないようにしっかりとすすぎを行う必要があります。特に髪の毛が長い女性の場合は、髪の先端の部分もしっかりと成分が残らないように洗い流す必要があります。

 

 

また、二次的な原因として考えられる事はブラッシングのし過ぎやドライヤーによる過度な乾燥も考えることが出来ます。ブラッシングを行いすぎて地肌を痛めてしまう、傷つけてしまう場合もあります。またドライヤーで乾燥し過ぎて、頭皮が乾燥してしまい、それが原因で却って頭皮が多くの皮脂を分泌してニキビが出来てしまう事もあります。

 

 

これらは全て日々の生活週間が元となっています。ニキビが出来る原因も突き詰めて考えていけば必ず何らかの原因があります。それらの原因を探っていきながら改善していくしか方法はありません。人によって生活週間は様々ですが、しっかりと改善出来る所は改善していきながら、髪の毛の生え際に出来るニキビを改善していきましょう。