白ニキビのケア方法について

白ニキビになっている女性

 

ここでは、ニキビの種類毎に分けてどのようにお手入れをしていけばいいかをお伝えしていきます。まずは白ニキビからお伝えしていきます。白ニキビは通称「コメド」とも言われており、言うならばニキビの赤ちゃんみたいなものです。初期のニキビと言う事ですね。

 

 

すでに炎症を起こしている赤ニキビや黄ニキビとは違って、皮膚表面に皮脂が詰まっているだけの状態を指します。皮脂が詰まっているのも原因は単に毛穴が汚れているだけの場合がほとんどです。ですから毛穴に溜まった皮脂を取り除いてやれば問題はありません。

 

 

この場合のお手入れもごくごく簡単なお手入れになります。でも、簡単なお手入れとは言ってもいくつかのポイントがあります。注意したいポイントについてお伝えしていきます。

 

白ニキビケアで気をつけたいポイント

 

簡単なスキンケアでお手入れが出来る「白ニキビ」ですが、簡単とは言え、いくつかのポイントがあります。そこを間違ってしまうと良くなるものも悪化する場合がありますので注意が必要です。

 

白ニキビの場合は正しい洗顔をすれば、大きな問題はないと言えます。ただ正しい洗顔と言っても、白ニキビに対して正しい洗顔方法を知っている方は意外と少ないものです。

 

それでは前置きはこれくらいにして白ニキビにおける正しい洗顔法についてお伝えしていきます。

 

■注意事項

 

@一日に何回も洗顔をしない事(多くても三回まで)
A洗浄力が強い市販のニキビケア洗顔料を使わないこと
Bスクラブ入りの洗顔料を使わないこと
C洗顔する際には、ゴシゴシとお肌をこすらない事

 

以上四点を守っていただければ大丈夫です。

 

 

何故洗浄力の強い洗顔料がいらないかという事については、出来たてのニキビなので刺激が強すぎるという理由です。肌に刺激は禁物です。出来るだけお肌は優しく傷つけないようにていねいに扱う必要があるのです。

 

 

肌をこすればこするほど、却ってお肌が刺激からお肌を守ろうとして皮脂を出す結果になります。その結果脂性肌になったり、ニキビが増えたりする訳なんです。これらは毛穴に汚れ・皮脂が詰まっているだけの赤ちゃんニキビには刺激が強すぎます。逆に肌を傷つけ、ニキビを悪化させてしまう可能性も否めません。

 

 

また洗顔のし過ぎで、保湿が十分に出来ないでお肌が乾燥してしまうという悪循環になる場合もあります。初期のニキビ対策は洗顔料選びがミソと言っても過言ではありません。洗顔はスキンケアの基本ですから洗顔料を選ぶ際には細心の注意を払って選ぶようにしてください。