大人ニキビと洗顔の関係について

洗顔し過ぎの女性

 

ニキビって顔の脂質が多いから、それを除去すれば治るでしょ!とゴシゴシと毎日何回も洗顔する女性も多いと思います。

 

でも、大人ニキビは単に洗顔すれば解消するという簡単なものではありません。いくら顔を清潔に保つために毎日ゴシゴシと洗顔しても、却って過剰な脂質を分泌して肌荒れを起こす場合も多々あります。

 

そして外部的な刺激も大きなニキビの原因になります。ですからここで知って欲しい事は洗顔の回数や方法です。

 

まずは洗顔の回数ですが大人ニキビの場合は一日二回で十分です。朝起きてからと夜、就寝前の二回で十分です。

 

そして洗い方ですが、ゴシゴシと洗うのはNGです。特に女性の肌は敏感です。そして目元のお肌などは皮膚が薄くて特に敏感です。

 

という事はもうお分かりですね。ゴシゴシ洗うのは間違ったケア方法だと云う事なんですね。出来るだけソフトに、お肌に刺激を与えないように洗うのが基本的な洗顔の方法です。

 

そして一番大切な事は、お肌の乾燥をいかに防ぐか?これが一番大切なポイントなんですよね。洗顔すれば脂質を洗い流す訳ですから、洗った後はどうしてもお肌は乾燥しがちです。

 

スキンケアの基本的な考え方として、お肌を清潔に保つ、そして次に大切なことは乾燥を防ぐという事なんですね。

 

一般的な乾燥肌(ドライスキン)は、顔の油分が出ている量が少なくなる一方で、お肌の角質の水分が減っている状態を指します。

 

ドライスキンになっている場合は何を補うといいと思いますか?それは脂質ではありません。補うのは脂質ではなくてセラミドなんです。

 

セラミドは元々は人間の肌の中にある成分ですが、加齢と共に減少していきます。セラミドは細胞と細胞を繋ぐ役割があります。

 

ですから、お肌の潤いを取り戻すにはセラミドが必要になると云う事なんです。当サイトでオススメしているラミューテ美肌セットには、お肌に必要なセラミドが含まれています。

 

お肌の潤いにはセラミドが必須だったんですね。

 

ラミューテ美肌セットの体験談はこちらから