大人ニキビと思春期ニキビの違いを知っておこう!

思春期ニキビと大人ニキビの違い

 

大人ニキビと思春期ニキビ(10代で出来るニキビ)には大きな違いがあります。この違いを知っておくと間違ったニキビケアを防ぐことに繋がります。と言うことで、ここでは大人ニキビと思春期ニキビの違いについてお話していきます。

 

10代の頃に出来るニキビは、青春のシンボルなどとも言われ中高生の女の子に良く見られますね。思春期ニキビはさほど深刻に考えなくても正しいケアをしていけば大人になった頃にはキレイな肌に戻っていきます。

 

でも、大人になって出来る大人ニキビはそういう訳にはいきません。まずはその違いから理解しておきましょう。

 

思春期ニキビとは

思春期ニキビは成長ホルモンの影響で、皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まることで起こります。特に皮脂腺が多いおでこから頬にかけて「Tゾーン」に発生しやすいです。こまめに洗顔して肌を清潔にしておく事で自然に治っていきます。

 

思春期ニキビは二次成長期にあたる、12〜13歳ころに現れ始めます。そして高校生でピークを迎えた後に治っていく事がほとんどです。思春期ニキビは成長にともなうホルモンバランスが原因となっているため、二次成長期の終わりとともに収束するのが特徴です。

 

出来てしまった思春期ニキビは、跡が残らないようにケアすることを心がけましょう。

 

大人ニキビとは?

 

大人ニキビの特徴は、Uラインに出来ることです。Uラインとは顎にかけてのラインの事を指します。また口周りにも良く出来るニキビです。原因としては考えられるのは加齢やストレス、生活習慣の乱れが原因となる事が多いです。またターンオーバーの乱れも大きな原因の一つです。

 

ターンオーバーが乱れると肌の乾燥が促進されます。肌が乾燥すると角質が厚くなり、それが却って肌から過剰な脂質を分泌させる原因になっていきます。

 

大人ニキビと思春期ニキビとでは取り組み方が違う

 

ここで知ってほしい事は大人ニキビと思春期ニキビとは取り組み方が違うという事です。大人ニキビを改善するにはある程度の時間が必要です。でも、まず必要な事は大人ニキビが出来る原因を知って普段からしっかりとニキビケアをしていく事が必要です。

 

ニキビの対策を知っていないと、顔だけではなく背中や首、胸などにも出来る場合があります。でも、ニキビが出来る理由やシステムなどを知っていればどこにニキビが出来ても対応は可能です。正しいスキンケアの方法を当サイトで学んで欲しいと思います。

 

トップに戻る